2011年2月23日水曜日

石黒ブログを読んでいただける、ご縁に感謝します。

人間突き詰めていくと、やはり、心ではないでしょうか!

別に、オカルトちっくな、神、とか霊とかではなく、人間の元となる、心です。

わしは、神様も、霊魂も、幽霊もまったく見えません。

しかし、人間が生きている間に作った、生きた証、すなわち、心、精神は未来永劫に残ると思うのです。

大山総裁がまさにそうではないですか!

そう考えて来ると、やはり、目に見えない、なにか、特別なものは、存在するとは、考えています。

しかし、世の中には、霊魂や、幽霊、神様をあたかも、みて、知っている様に言って、人心を惑わし、お金などをだまし取っている人間がなんと多い事ではありませんか!

神様や霊魂にお金がかかりますか? かかりませんよね!

しかし、我々、人間にはどうしようもない、何かの存在がある事は確かだと思うのです。

その何かは、何なのかは、わしには、わかりません!

わしは、そこに、畏敬の念と畏れをもの凄く感じます。

話がだいぶ横道にそれましたが、そういった、何かと、心が触れ合う時があります。

そういった時は、やはり、自分のやるべき事をやりきり、人生を全力で生きているときの様なきがします。

心を鍛えていきたいと思います。

わしの場合は、稽古、稽古指導、読書、日記、自己修養、最後に人物に直接合い、人生の辛酸を舐め尽くすこと、だと考えています。

今日一日、無事であった事を神に感謝します。

押忍! 石黒康之

0 件のコメント:

コメントを投稿