2018年5月30日水曜日

大器は晩成す

【いまでなければ、いつするのか?】



ジム・ドノヴァン氏の心に響く言葉より…


ある人が最近、「いやあ、そんなことをするには私はもう年をとりすぎているよ」と言った。

こういう言葉を聞くと私は悲しくなる。

以下の事実について、あなたはどう思うだろうか。


● ヴェルディは76歳で「アベマリア」を作曲した。

● マーサ・グラハムは75歳まで演技を続け、95歳のときに180作目となる作品を演出した。

● ミケランジェロは88歳で死ぬ6日前にピエタ像を彫っていた。

● 作家のマリオン・ハートは54歳で飛行機の操縦法を学び、大西洋を横断する単独無着陸飛行を全部で7回おこなった。最後の飛行をおこなったのは1976年だったが、そのとき彼女は84歳だった。

● 画家のグランマ・モーゼスは80歳にして初の個展を開いた。


もしあなたがかねてから念願のことをするのに自分が年をとりすぎていると思うなら、考え直してそれを実行に移そう。

「この世のすべての悲しい言葉の中で、最も悲しいのは『しておけばよかった』である」と、ある高名な詩人は言った。

あなたがずっとしたいと思ってきたことで、先延ばししてきたことは何だろうか?

自問しよう。

「いまでなければ、いつするのか?」と。


ウォリー・エイモス(米国の有名な起業家)が講演を終えると、ひとりの女性が歩み寄って「もし私がこれからロースクールに行ったりしたら、卒業するときには55歳になってしまいます」と言った。

エイモスはこう問い返した。

「もし行かなかったら、何歳になるのですか?」


『何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣』ディスカヴァー携書




100以上の国と地域に、36,000以上の店舗を出店しているのがマクドナルド。

創業者はレイクロックというが、彼は高校を中退し、52歳までしがないミルクセーキミキサーのセールスマンだった。

そして、59歳のときに立ちあげたのが、マクドナルドだった。


120の国や地域に、18,000店以上があるのがケンタッキーフライドチキン。

カーネルサンダースは、いくつもの事業の失敗を乗り越え、65歳のときにケンタッキーフライドチキンを創業し、73歳のときには600店まで拡大したという。


100歳の時に、30年分の木材(彫刻の材料)を買い込んだことで有名な、 平櫛田中(ひらぐしでんちゅう)という彫刻家がいる。

「60、70は鼻たれ小僧、男ざかりは100から100から、わしもこれからこれから」

「実践実践また実践、挑戦挑戦また挑戦、修練修練また修練。やってやれないことはない。やらずにできるわけがない。今やらずしていつできる。わしがやらねばだれがやる」

という有名な言葉を残している。


「いまやらずして、いつできる!」

まさに、胸に響く言葉だ。



■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/



シェアさせて頂きました。


押忍!

0 件のコメント:

コメントを投稿