2018年7月5日木曜日

古今亭)今輔師匠から言われた言葉なんですが、
「褒める人間は敵と思え。
 教えてくれる人、注意してくれる人は
 味方と思え」
という教えは大切にしています。 

普通、人間っていうのは
褒められれば嬉しいですよね。
怒られたら「畜生」と思いますよね。
それは逆だって言うんですよ。 

若いうちに褒められると、
そこで成長は止まっちゃう。

木に例えれば、出てきた木の芽を
パチンと摘んじゃうことになる。

で、教えてくれる人、注意してくれる人、
叱ってくれる人は、足元へ水をやり、
肥料をやり、大木にし、花を咲かせ、
実を結ばせようとしてくれている人間だって。


 ――桂歌丸


致知出版社様メルマガよりシェアさせていただきました。


押忍!

0 件のコメント:

コメントを投稿