2018年9月11日火曜日

おもいをもたない

「すべて、受け入れなさい」
お釈迦様は、この世の苦しみ・悲しみの根元は、

「思いどおりにならないこと」と悟りました。

自分の思いどおりにならないことに対して、
それに逆らってなんとかしようとするからこそ、

人は悩み・苦しむのです。

人の苦しみや悲しみは、外から与えられるものではありません。

苦しい・悲しいと思う心、

つまり、人の内(心)から苦しみや悲しみが発生しているのです。
だから、お釈迦様は、こうおっしゃっています。

「すべて、受け入れなさい」と。

それは、頑張る生き方ではなく、楽に生きる生き方です。

人に頼って、人に甘えて、
あるいは人に頼られて、時には人から甘えられて。

自分の思いどおりに世の中を変えようとしないで、
それを受け入れて、こころを楽にして生きてゆくこと。

そして、その最高の形は、

「ありがとう」と感謝することだったのです。

水を飲めることに 「ありがとう」  
息ができることに 「ありがとう」
食事できることに 「ありがとう」  
仕事があることに 「ありがとう」
家族がいることに 「ありがとう」  
友達がいることに 「ありがとう」
話ができることに 「ありがとう」  
歩けることに   「ありがとう」
病気でないことに 「ありがとう」  
生きていることに  「ありがとう」

いま目の前に起きている最高の幸せ。

何もないいつもどおりの穏やかな日々
淡々として何も特別なことがなく、
普通に家族がいて、
普通に仕事があって、
普通に食事ができて、
普通にあるくことができて

全ての事に感謝する気持ちを忘れずに

「ありがとう」と

言えるようになれたなら

もっと楽に生きることができるのかもしれません~

著書 釈迦の教えは「感謝」だった
小林正観


シェアさせていただきました。


押忍!

0 件のコメント:

コメントを投稿