2018年10月2日火曜日

商人道

日本の商人道の開祖とも言われ、あの経営の神様といわれた"松下幸之助"さんが、学び尊敬した"石田梅岩(いしだばいがん)"さん。

商売において、正直さや誠実さが如何に大切かを教えてくれています。

_______

「あれこれと言葉を使って相手をいいくるめようとするのでは、よい商人とはいえません。

何事もありのままにいうのがよい商人なのです。

自分に他人の誠実・不誠実が明らかなように、

自分の誠実・不誠実を他人は簡単に見抜くものです。

このことに気づかない人が多い。

この道理を心得ていれば、言葉を飾らず、ありのままにいうのが常となるので、あいつは正直者だと人から信用され、その結果、よその倍売ることも可能になるのです。

人に正直だと思われ、人から警戒されない人間でなくては、商人としてけっして成功はしないものです」

_______

「魂の商人 石田梅岩が語ったこと」

山岡 正義 著

サンマーク出版より

http://www.dokusume.net/product/pg849.html

_______

イギリスのことわざに、こんなものがあります。

「一日だけ幸せでいたいならば、床屋にいけ。

一週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。

一ヶ月だけ幸せでいたいなら、結婚をしろ。

一年だけ幸せでいたいなら、家を買え。

一生幸せでいたいなら、正直でいることだ」

なるほどです♪

石田梅岩さんも言っている通り、人の誠実か不誠実は見抜けるし、取り繕っているひとはすぐバレますね。

だからこそ、自分が取り繕っても、大きく見せようとウソついても、何とか買ってもらおうと大げさに言ったところで、相手にはすべてお見通しだということです。

だったら、最初から正直に本当の事を話した上で、買っていただけるよう、本当にいいものをオススメする他ないですね♪

何を売っているかも大切ですし、誰が売っているかも大切です。

この人から買いたい!って思える人から買いたいのが、心理だとおもいます。

誠実さ、正直さ、その先に『信用』があるのでしょうね(*^_^*)

今日の話が、皆様のお役に立てれば幸いですm(_ _)m

※魂が震える話より


シェアさせて頂きました。


押忍!

0 件のコメント:

コメントを投稿