2018年11月5日月曜日

念を入れて生きる

将来こうなったらどうしよう、ああなったらどうしよう

過去に違う選択をすればよかった・・・

そんなふうに思いわずらう人は多いようです。

けれど、それはまったく無意味なことなのです。

私たちにできるのはたったひとつ。

『念を入れて生きる』ということだけです。

念という文字を分解すると

「今」の「心」になります。

「今」の「心」とは

今、目の前にいる人、目の前にあることを大事にする心のこと。

「目の前にあることを一生懸命やりなさい」

ということにほかなりません。

それは、言葉を換えていえば「実践」ということです。

お釈迦さまも

「過去を追うな、終わってしまったことに縛られるな。

まだ来てもいない未来にわずらわされるな。

今というこの一瞬、

今日というこの一日を大切にして生きよ」

と、おっしゃっています。

※出典「すべてを味方 すべてが味方」小林正観著/三笠書房より


シェアさせていただきました。


押忍

0 件のコメント:

コメントを投稿