2017年10月21日土曜日

手マメ 口マネ 足マメ

【行いは言葉よりも雄弁】


田中真澄氏の心に響く言葉より…


人を評価する場合、まずその人の日常の習慣を見て判断する人が本物の人物です。

本物の人物ほど単なる口先だけの人を信用しないのです。

「行いは言葉よりも雄弁」ということわざがありますが、それは行動が本当の人柄を示すことを示唆しています。

上位20%の人は、そのことわざの真意を理解している人たちです。


残念ながら、残り80%の人は、良き行動を続けている人を積極的に支援しようとはしません。

傍観者で終わる人たちです。

ですから私たちは、新たな行動を起こすときは、上位20%の人たちを味方にできるように、普段からその人たちとの交流を深めておく必要があります。


では具体的にはどうすればいいのでしょうか。

決め手はクイックレスポンスです。

年中無休・24時間対応の行動をとることです。

何か頼まれたら迅速に対応する、問い合わせにはすぐ答えるといった習慣を身につけて、上位20%の人たちとの交流を深めておく必要があります。


これまで私は、3マメの実践を推奨してきました。

口マメ・手マメ・足マメのことです。


口マメとは電話を掛けることです。

これは今の日本人は携帯電話のおかげで得意になりました。


手マメとは筆まめのことで、まめに礼状・祝い状・慰労状などのお便りを出すことです。

これは今の人の多くが苦手ににしています。

だからこそ、筆まめに徹した人は物事を有利に展開していけます。


足マメは訪問のことです。

何かあれば飛んでいく習慣のことで、これまた有力な対人関係の武器になります。

とにかくマメに動くことが大切です。


『小に徹して勝つ』ぱるす出版





脳力開発の創始者、城野宏氏は、「行動」についてこう語る。

「『行動のつながりで、具体的に考える習慣をつくろう』

手と口と足をフルに使った、行動のつながりで考える習慣を つくろう。 

概念のつながりだけで抽象的に考える習慣をやめよう。

概念は重要ではあるがただの名札であり、具体的行動を主軸にして考えないと成果はでない。

抽象理論だけで"わかったつもり"にならないようにしよう」


人物を評価する時、上っ面だけを見ているとすぐにだまされてしまう。

それは、地位や肩書、あるいは心地よい言葉などなど。

しかし、本当に見なければならないのはその人の実際行動。


行動と行動のつながりを見ていれば、その人の本質が見えてくる。

行動とは、手と口と足を使うこと。

そして、大事なのは、その行動を長く続けているかどうか。


口先だけではなく、具体的に動く人でありたい。






■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro




Facebookページよりシェアさせて頂きました。



押忍!

今日は言葉 稽古

縁を重んじ/徳を積めば/運は開ける
/焦らず驕らず/軸をぶらさず
━━━━━━━━━━━━━━
福地敏行(日本アイ・ビー・エム取締役専務執行役員)
○月刊『致知』2017年8月号「維新する」より

拳立て六十三回です。

本日、私は予定通りに西伊場道場幼少年少女部、師範稽古に入ります。
宜しくお願い致します^^;


押忍 石黒康之

覚悟を決める

大事なことほど、他人に相談しちゃだめ。

「自分で選ぶこと」から逃げちゃいけない。

「自分で決めたこと」だから、大変でも頑張れる。

どんな生き方であれ、

「自分で人生を選んでいる」

という潔い感覚こそが、

カッコよく生きる根本になる。

「好きだから」

「やりたかったから」

「楽しそうだったから」

行動の理由はこれで充分だ。

動機がシンプルなほど、エネルギーは強い。

ぐちゃぐちゃ細かい理由などいらない。

必要なのは勇気と覚悟。

決めてしまえば、すべては動き始める。


Facebookページよりシェアさせて頂きました。


押忍!

2017年10月20日金曜日

極真空手 豊橋 武道空手道場

お疲れ様です。^^;

いつもお世話になり、ありがとうございます。


本日の極真 豊橋道場の稽古風景です。


本日も一日、お疲れ様でした、ありがとうございました。


今日一日、無事に終えられる事に感謝致します。



押忍^^;

極真空手 蒲郡 武道空手道場

おはようございます^^;

いつもありがとうございます。


昨日の極真 蒲郡道場の稽古風景です。


本日も一日、宜しくお願い致します。



押忍^^;

同じ土俵にのっからない やり返したら負け

【売り言葉に買い言葉】


斎藤一人さんの心に響く言葉より…


「売り言葉に買い言葉」と言いますが、いままで、売られた言葉を買ってもロクなことがなかった。

それでも、つい買ってしまうのが「売り言葉」です。

いわれなきこと、不当なことを言われたとき、その「いわれなきこと」「不当なこと」というのは、反論したくなるようなことと決まっている。

だから、つい買ってしまうのです。


「売り言葉」でも何でもそうなんですけれど、他人が嫌なもの、悪いものをあなたに与えようとしたとき、たいがい、怒ったり、動揺したりしますよね。

そうなると人は、つい、やり返しちゃうんです。

でも、やり返すと"負け"なんです。


いわれなきこと、非難、中傷に目くじらを立てて相手に言い返すのは、相手と同じ土俵に自分がのっかった、ということ。

だから、こちらの"負け"。

相手があなたに悪いものを与えようとしても、あなたがスルーしてしまえばいいのです。

そうすれば、「よし吹く風荒くとも、心の中に波たたず」。

お釈迦さまの境地です。


簡単に言うと、相手がいくら言っても自分がやらなきゃ勝ち、と決まっているんです。

この世の中は、そういうルールなのです。

ですから、たとえば、自分の親にこんなことを言われたとします。

「おまえは、ホントにわがままだな」

自分では、親の期待に応えようとして真面目に、一生懸命、勉強したり、生きているつもりでいるのに、「わがままだ」と言われたとします。


そのときは、反論しないのです。

たとえば、「ホントにそうだね。ウチの一族でいちばんわがままだね」とか、ワンクッション置いて、「父さんのおかげで東京の大学に通えてるんだよね。ありがとう。感謝してます」とか、相手が喜ぶ言葉を相手に贈ってみる。


ちなみに、東京・新小岩にある、「一人さんファンの集まるお店」に通っている"たくちゃん"という男の子が、この方法をやってみたんです。

修業相手であるお父さんに「そうだね、わがままだね」と言ったんですって。

その後、お父さんは彼にうるさいことを言わなくなったそうですよ。


『絶対、よくなる!』PHP




車でのトラブルも、この「売り言葉に買い言葉」によって起こるケースは多い。

急に割り込んできたりする車に、「なにやってるんだ!バカヤロー!」とか、クラクションを鳴らすなどの「売り言葉」を掛けたりすると、結果、「なにを!このヤロー!」と、車で進路を妨害したり、幅寄せしたりして仕返しをする「買い言葉」が出てくる。


これは、「やられたらやり返す」という心理と同じ。

やられっぱなしじゃ終われない、「仕返しする」「復讐する」ということ。

そして、大事なのは、最初に「売り言葉」を発しなかったら「買い言葉」はない、ということ。

「仕返し」や「復讐」は負の連鎖(れんさ)を生むだけだ。


どうせするなら「負」の仕返しではなく、「お礼」の仕返しを。

「お礼」の仕返しとは…

厳しいこと言ってくれて、「ありがとう」。

注意してくれて、「ありがとう、感謝します」。


「やり返したら負け」を肝に銘じたい。




■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro


Facebookページよりシェアさせて頂きました。


押忍!

今日の言葉 稽古

いま目の前にある仕事、環境、知識を
最大限生かした人が必ず成功者になる
━━━━━━━━━━━━━━
佐々木隆(ジェイティービー相談役)
○『一流になる人の20代はどこが違うのか』より
 
拳立て六十二回です。
 
本日、私は予定通りに豊橋道場幼少年少女部、師範稽古に入ります。
宜しくお願い致します^^;


押忍                                    石黒康之