2019年2月22日金曜日

なぜ“筋トレをすると自信がつく”と言われるのか?運動時に出る「ホルモン」の種類と効果 | 健康×スポーツ『MELOS』

https://melos.media/wellness/37639/


押忍

世人は蓮の花を愛して泥を嫌がり、

大根を好んで下肥を嫌がる。

私はこういう人を半人前という。

蓮の花を養うものは泥である。

大根を養うものは下肥である。

蓮の花や大根は、泥や下肥を好むことこの上なしではないか。

世人の好き嫌いは、半面を知って全面を知らない。

これまさに、半人前の見識ではないか。

どうして一人前ということができよう。

二宮尊徳(農政家・思想家)

シェアさせていただきました。

押忍

「苦」の本質は、

「自分が思いどおりにしたいのに、
それが叶わないこと」

と釈迦は見抜いていました。

自分の思いどおりにならない場合、

西洋的な価値観では、
人の何倍も努力をして、

自分の思いが実現するまで
頑張りなさいと教え込みました。

現代の日本の教育は、
ほとんどがそこに立脚しています。

しかし、

体をこわしたり、
精神を病む人が多くなり、

自分の人生が何のために存在するかが
分らないという人も増えてきました。

人は抜きん出なければならない、
上に上がらなければならないと

思い込まされている
ということに、そろそろ
気がついたほうがいいかもしれません。

人は、何のために
この世に生まれてきたかというと、

喜ばれる存在になること、

人間の間で、
人の間で喜ばれる存在になること、

そのためにこの世に生を受けました。

思いどおりにならないことが
目の前にある場合に、

西洋文明的な解決方法とは
別の方法があります。

それは、
「思い」そのものをもたないこと。

悩み・苦しみとは、
「思い」を持っていて、

その思いどおりにならないことを、
思い通りにしようと思うから生ずるのです。

従って、悩み・苦しみは、
受け容れた瞬間から消滅するのです。

生まれること、老いること、
病むこと、死ぬことも、そのまま受け容れる。

そうすると、悩み・苦しみから
遠ざかることができます。

悩み・苦しみを
持たなくて済むことができます。

宇宙に、地球に、
すべてを委ねている人、
静かに淡々と暮らしている人ほど、
悩み・苦しみは少ないのです。

釈迦が言った
「受け容れることで楽になる」ということは、

突き詰めていくと、
感謝するところまでいく
ということになるのではないでしょうか。

今、置かれている状況そのものが、

実はありがたさに
満ちているのではないでしょうか。

目に見えること、

耳が聞こえること、

呼吸ができること、

食べることができること、

自分の足で歩けること、

話ができること。

ありとあらゆることを全部、

受け容れた瞬間から、
感謝になるのではないでしょうか。

小林正観

シェアさせていただきました。

押忍
【地を出しても好かれる人間になる】



斎藤一人さんの心に響く言葉より…


みんなが一人さんに会ったとき、味方したくなっちゃうような生きかた…それって、会った人だけが得するようなもんじゃないよ。

一人さんもハッピーで、会った人もしあわせになっちゃう、そんな生き方だよね。

人に嫌味を言ったり、憎まれ口をたたいていたら、味方になってくれる人はいないよ。


だけど、あなたがナメられていたり、みんなの犠牲になるような生きかたをしていたら、誰か喜ぶ人でもいるんだろうか。

一人さんの場合、仲間がそんなふうに生きてたら、オレは黙ってられない性質なんだよ、ぜんぜん嫌いなの。

神もそうだよ、きっと喜ばない。

喜ばなかったら、「この人の味方をしよう」とは思えないよ。


だから、神までもが味方したくなるような人になるんだ…って、言ったとき、神が「この人だ」と思ってくれるような生き方をすることだよな。

そいういう生きかたって、なんだろう。

答えは一個だけじゃない。

人間って、それぞれ解釈の違いがあるんだよ。

わかるかな?


オレは、自由で、楽しくて、ひとに愛されて、というのが、最高の生きかただと思ってる。

神が味方する生きかたは、キリストみたいな生きかただと思っている人もいて、それはそれで正しいの。

だけどオレはオレが正しいと思ってるんだよ。


そして、女は女でしあわせになり、男は男でしあわせになり。

オレは相当言いたいこと、言ってるけど、一人さんの話が大好きだっていう人がいるんだよな。

全員から好かれようと思って、言いたいことの8割も言わない人、いっぱいいるけど、だからって、オレより好かれてるワケじゃないよな(笑)。

じゃ、言いたいことを言えば好かれるんですか?って。

言いたいことを言って嫌われる人、いっぱいいるよな。


簡単に言うと、人間って、自分の地を出して、好かれる人間になることだよな。

地を出して嫌われるんだったら、そろそろ自分の変えどきだよな。

地を出して好かれる人間になるために、オレたち生まれてきてるんだよ。

今日も明日も、オレも地を出していっしょ懸命、しゃべっても、やっぱし、「一人さんの話、聞きたい」って言われるようになることが、オレの目標で。


『人生に成功したい人が読む本』PHP研究所




ある人が、仕事から家に帰ってくると、どんなに疲れていても明るい声で、「ただいま!今日も父ちゃん仕事楽しかったよ!」と言っていたそうだ。

それが、「大人になるのは楽しそう」とか「仕事って面白いかも」と思ってもらえるとおもっていたからだ。

しかし、あるとき、仕事上のトラブルがあり、本当に疲れはて、元気なく帰ってきたところ、子どもが「いつもと違う、こんな父ちゃん嫌いだ」と言ったという。

彼はそれを聞いて反省し、次からはどんなに疲れていても明るい声で元気よく「ただいま!」と言うことにしたと聞いた。


どんなに疲れていようと、無理して明るい声を出すのもいいかもしれない。

ポジティブな姿勢も必要かもしれない。

しかし、本当は、自分の本音を出しても、弱みを見せても、子どもに「仕事って面白そう」「大人っていいなぁ」と思ってもらえるのが最高の人物だ。


「うらを見せ おもてを見せて 散るもみぢ」 

これは、良寛さんの辞世の句と言われているもの。

表だけではなく、裏も見せてもなお、あまりある魅力のある人。


地を出しても好かれる人間になりたい。 







■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117


シェアさせていただきました。

押忍

痛みは脳で感じる

「慢性の痛みに苦しんでいたり気分が落ち込んでいる方は、
不安・恐怖・怒り・悲しみを感じる情報から距離をおきましょう。」


長谷川淳史様Facebookページよりシェアさせていただきました。

押忍

2019年2月21日木曜日

昨日の極真空手 浜松西伊場道場です。

押忍^_^

本日の極真 蒲郡道場 幼少年少女部です。

本日も一日、お疲れ様でした、ありがとうございました。

押忍^_^