2018年9月3日月曜日

スピリチュアルっていうのは「内面のかっこよさ」なんだよね。

芸能界は主に「外面のかっこよさ」を競うけど、これからの時代、それに負けないくらいスピリチュアルもかっこよくないとダメなの。

なぜかっていうと、かっこいいから人はついてくるんだよ。

言ってることが正しいからじゃないの。

理屈をいくら話したって、理屈じゃ人はついてこない。

「その人に惚れる」っていうことが大切なんです。

影響力を使って人を動かそうとするけど、その人がかっこよかったら、言うことを聞くんだよね。

それで、人を影響力で動かそうとする人って、人を変えようとするんです。

でも、変えようとすると人は逃げていくんだよ。

いつも説教しようとする人からは離れていきます。

それよりも、相手が惚れちゃうような生き方をすればいいの。

そうすれば、人は自然とついてくるんだよ。

今、みんなスマートフォンとか持ってるよね。

それで、これさえあればなんでも調べられるの。

東大の試験に出るような問題だって知ることができます。

そうなったとき、これからの時代に人が何を求めるかというと、学歴よりも"人格"であり、"魅力"なんです。

もちろん、これからも学歴は必要だけど、それ以上に人から好かれることが大切だよね。

これからの時代、社長でも先生でも、人に対して影響力を与えたいなら好かれないとダメなんです。


品をあげる人がやっていること
斎藤一人 著
高津りえ 著
サンマーク出版
_______


たぶん人は、その人の「言っていること」よりも「やっていること」、つまり生き方を見ているのではないでしょうか。

見てないようで見ています。

応援したくなる人というのは、生き方がかっこいいんです。

「頑張ります!」って言って、1ヵ月ぐらい頑張ったって人は認めてくれません。

でも、ちゃんと見ているんですよ。

そして一番近くで見ている人は、他でもない自分自身です。

みんなは辞めていったけど、自分は頑張った!ほかの人はあきらめたけど、自分は絶対あきらめない!

そうやって泣きながらでも頑張っている自分を、自分は見逃していないはずです。

だから自分を信じられる、つまり自信が付くのです。

自分を信じられない、自信がないというのは、そういうときに逃げ出している自分を自分自身が知っているからです。

かっこいい生き方をしていきたいものです。

何をもってかっこいいかは人それぞれ、

自分が思うかっこいい生き方をしていけたらいいですね♪

※魂が震える話より


シェアさせて頂きました。


押忍!

0 件のコメント:

コメントを投稿