2018年9月4日火曜日

………………………………
景気を知るということ
………………………………

「景気を知る」というのは、
大勢が戦う合戦において、
敵の勢いが盛んなのか衰えているのかを読み、
敵兵の心理状態を推し量り、
その場の状況をつかみ、敵の様子をよく観察して、
こちらの兵力をどう動かすかを考え、
わが二天一流の兵法の道理を駆使して
確実に勝利を得るコツを呑み込み、
先の見通しを立てて戦うことをいうのである。

また、一対一の勝負においても、
敵の流派をわきまえ、相手の性格を読み、
得手不得手、長所短所を見つけて、
敵の意表を突く攻め方をし、
敵の思惑の裏をかくことをしかけ、
敵の調子の"減り上り(めりかり)"
(メリハリ)を知り、
その間の拍子(呼吸)もよく知った上で、
こちらから先手をしかけることが肝要である。

物事の「景気」は、
自分自身の智力が優れていれば、
必ずつかめるものである。

兵法でも同じで、意思のとおりに
自在に動けるようになれば、
敵の心を十二分に推測することで
勝つ方法を多く見つけ出せるであろう。

工夫することだ。


……………………………………
『五輪書』

宮本武蔵・著
城島明彦・現代語訳

致知出版社様メルマガよりシェアさせて頂きました。


押忍!

0 件のコメント:

コメントを投稿